PIC_POWER_STONE

仕事運のパワーストーンはもう少し後で持つ

心を変える為のセミナーに参加した時に、本当に求めている幸せを得るヒントとして日常に流れているニュースや情報などのメッセージなどに左右されないように、自分の目をしっかり持つ事だと教わりました。
自分が仕事をもっと頑張らなきゃと思えば思うほど上手くいかない場合は、何かの波長が合っていないと言う事なので、見ている物を変えると良い方向へ導かれると言う事も知りました。
何かもっと知りたくなり、セミナーに連れて来てくれた友人に話してセミナーで講師をやってくれた方を紹介してもらったのです。
自分の中にあったモヤモヤした気持ちというのは、今までは全くなかったのですが社会人になってから出てくるようになったので、この気持ちを何とかしたいと言うことを相談してみました。
その先生は「たぶんあなたは子供の頃からの夢を追い求めるあまり、現実とのギャップを埋めようとして、とにかく目の前にあるものに、がむしゃらに向かっている性質がありますね」と言われて、深く考えたことは無かったのですが、たしかにそういうところもあるなと納得したのです。
ではどうすればいいのか聞いたところ「自分の幸せを実りのあるものにするためには、今やっていることが他の人にどのように影響して幸せに導いているのか考えてみると、今の仕事が見えるかもしれないし他の仕事が見えてくるかも知れません」という話をしてくれました。
その時に仕事運の為にパワーストーンを持っていたのですが、まずは自分がこれだという生きがいを見つけてから、その仕事について運を上げていくと良いというのです。
勘違いして「たのは物事には順序があって自分が賭けてもいい仕事には惜しまず仕事の運気を使い、迷いながら嫌な仕事をやっているようであれば、いつかは自分がパンクしてしまいおかしくなってくるので、気をつけてアイテムは持っていた方がいいという助言を頂いて考えを改めました。
自分の経験からだと、収入を得ることは出来ることですが、人の幸せに貢献できるかどうかに焦点を絞っていくと、必然的に叶わなかった夢が叶うようになり、反対に夢が叶わないとやっていることだけに目がいってしまい、悪夢となって自分を苦しめることにもなりかねないのです。
実際に自分がそうだったので、足元を見つめるのには年齢も関係ないので、今からでも見直しは聞くと言う事なのです。
反面教師的に、わたしの仕事仲間でものすごい成績が優秀な人間もいましたが、仕事は出来ても自己中心的な考え方と責任転嫁の繰り返しによって、結局は数年後には人からの信用を失った人間もいたので、若いころからの教えを誰から学ぶかによっても将来を変えると言ってもいいのです。
わたしは性格的に悩みがあると、誰かに相談しますから救ってくれる人がいましたが、何も言わないとわからないというのが世の常なので、絶対に恥ずかしくとも相談はしていたほうがいいです。
自己を満たす生活に変えることですと言ってくれた助言は人生で役立っています。
満たされない気持ちよりも優先して仕事を変えてみて良かったと思える出来事でしたので、実行に移すだけで幸運が訪れて自分の能力を活用できる環境を見つけれたのは幸運なことだったのです。

パワーストーンブレスレットなどで常に身に着けていればあなたに良いパワーを与えてくれるでしょう。

MENU