PIC_POWER_STONE

パワーストーンの浄化は石の疲れをとるためのもの

パワーストーンを持っている人はきちんと定期的に浄化をしているでしょうか。
石には意味があると同時にそれぞれに強いパワーがあることはご存知だと思いますが、その石の力はずっと使っていると弱まってくるということで浄化させてあげることでまた石の力で守ってくれるというのです。
現在腕につけているパワーストーンのブレスレットはしばらくつけ続けていたせいか、少し濁ったような感じになっていて、輝きも少なくなっていると感じたことがあります。
これはどこにでもつけていって、さらにお風呂や洗面のときにもつけたままだったから、というのもあると思いますが、それだけではなく、長くつけ続けていたので石の力が弱まっていたのだろうと感じることがありました。
それは悩みを持っていたとォでした。
色々な意味を持っているパワーストーンの力をかりたいと思い、たまたまお店で見つけたブレスレットを購入しました。
そこでしばらく身に着けていると少しずつですが悩みの解決口が見つけられてきたのです。
これにはとても驚いたのですが、同時にパワーストーンが少し濁っていることにも気がつきました。
偶然かもしれませんが、パワーストーンが助けてくれたのではないかと思い、そのパワーストーンにあった浄化のできるものを購入して、二、三日置いておきました。
そうすると、少しですが濁っていた石の色が変わったようにも感じたのです。
色々と調べていくと、そのほかにも色々な方法があることがわかりました。
自分でできる範囲でお礼のつもりでやっていたら、少しずつでも元通りになっていっているように感じたのです。
浄化するのはきちんと定期的でなければいけない、ということで、最近はその専門の本なども販売されていることもわかりました。
また、その石の種類によってはやってはいけない浄化の方法などもあり、色々と調べているうちにとても興味がわいてきました。
方法は主に流れているお水で綺麗にする、水晶の上に乗せる、お塩に埋めておく、月や太陽にあてておく、お香の上をくぐらせる、などです。
その浄化方法はそのパワーストーンによって違うことは先にもいいましたが、それぞれを重ねていたりする場合にも少し違うことがあるようです。
一番いい方法で、どんなものにも使用できるのが水晶のクラスターといわれる専用のものに乗せておくことです。
これはどんなものにも関係なく力をみなぎらせてくれるので、とても便利です。
流水で洗い流す方法は水に弱い石や色があせてしまう石などもあるので、注意して行いましょう。
長期の間、お水にさらしていて逆にくんでしまったこともあるので、これは気をつけたほうがいいようです。
ラピスラズリなどはこの方法はあまり向いていないように感じました。
少し濁ってしまったことがあるからです。
月や太陽の光を利用する場合は色のついた石のときはなるべくお月様の力を利用するといいとききました。
ですので、現在使用しているブレスレットは水晶のクラスターに乗せて、さらにお月様の光をなるべくあてるようにしています。
こうすることで、毎日の力を取り戻してくれるような気がしています。
いつも身に着けて身を守ってくれている石の浄化は石へのお礼と感謝の気持ちをもって行うといいと思います。

MENU