PIC_POWER_STONE

パワーストーンの寿命はあるのか

家族そろってパワーストーンが大好きでそれぞれがいくつも石を持っていたりアクセサリーにしていたりしています。
私は常に身につけているものが2つあり、それはブレスレットです。
一番身につけやすい形ですし、石が今どんな状態なのかということを確認しやすいからです。
パワーストーンは毎日活動しているようなものなのである程度吸収すると色が少しくすんできます。
そういう時には浄化をしてあげると良いです。
その石によって一番合う浄化の仕方というものがあります。
石の硬さなどもあり、やってはいけない浄化の仕方もあるのでそれぞれの方法をきちんと確認しておくと良いです。
私が持っている石は流水や浄化専用の石を使う方法、月光や日光にあてる方法などいくつかの浄化の仕方がありますが、一番やりやすくて実践してるのは流水です。
やり方は簡単で、水を流しながらしばらくの間パワーストーンをそこにさらすだけです。
浄化されたなと感じたら柔らかい布でストーンを拭いてあげてください。
流水で流した後のパワーストーンはキラキラと輝きを増して澄んだパワーが出ているのを感じられるほどです。
色が少しくすんできたなと感じたらやってみてください。
もしも浄化をしてあげてもくすみが全くとれずに輝きも出ないようでしたら、それはそのパワーストーンの寿命ということになります。
浄化のタイミングのポイントは先ほど言ったようにくすんだような色になっている時の他、輝きがあまり感じられない時や白っぽくなってしまった時、色が本来の色よりも暗くなってしまった時などです。
そのままにしておくと石のパワーによる効果もなくなってしまうので必ず浄化をしてあげてください。
またパワーストーンが突然割れてしまうという時がありますが、それもその石の寿命だったと考えてください。
割れていなくても欠けてしまった時でも同様です。
石の種類にもよりますが、持ち主に危機が迫っている時には代わりに割れることでそれをはらったり危機を教えてくれている場合もあります。
私は以前つけていたブレスレットがある日突然バラバラにちぎれてしまったことがありました。
その時の石の色を見たらやはりくすんだ色になっていて元には戻りませんでした。
ちょうどその頃私生活でいろんなことが起きていた時期でしたので、何かから私を守ってくれたのではないかと考えています。
他にも手に間違いなくつけていたのにいつの間にか手からはずれてなくなってしまったりした時もそうなのだと考えられます。
これは私だけではなく、やはりいろんな方が体験していることです。
さっきまではちゃんと手首につけていたブレスレットが何かのタイミングではずしたわけでもないのになくなってしまっているということがあるのです。
私の母も毎日身につけていたブレスレットがはずしたわけではないのにどこかへ消えてしまってどれだけ探してもみつかりませんでした。
なので、自分の代わりになってくれたのだと考えているようでした。
こんな風に石が割れてしまったりブレスレットが壊れてしまったりした場合はそれを自然の土の中に還してあげるのが一番良いです。
もしブレスレットなどに金具がついている時は粗塩につけて燃えないゴミの日にだすのがいいです。
その石は役目を終えたということですから、石に今までありがとうと感謝の言葉をかけ、自然に戻します。

MENU