PIC_POWER_STONE

義母の病気再発予防にパワーストーンをプレゼント

義母がガンを患ったのは数年前のことです。
比較的初期で見つかり転移はなかったものの、とても大きくなっていたので抗がん剤治療をしました。
ガンそのものよりも抗ガン剤治療が想像以上に大変で、一時期はほとんど寝たきり状態でした。
私も毎日義実家へ料理を作って届けてきましたが、しんどそうに寝ている義母になんて声をかけたら良いものかとよく悩んだものです。
抗ガン剤治療を全て終えても、免疫力が弱っているからと風邪をひかないように注意しなければならず、いろいろな面で気を遣って暮らしていました。
そして、ようやく落ち着いたものの、すごく疲れやすくなってしまい、義母としてはいろいろと不安に思うこともあったようです。
そんな義母に、何か明るい気持ちになれるものをプレゼントしたいなと思っていました。
せっかくガンの治療に耐えたのに、気持ちが暗いままでは別の病気を患ってしまうことだってあるかもしれません。
そこで思いついたのが、パワーストーンをプレゼントすることです。
パワーストーンは、とてもきれいなのでアクセサリーとして持っていても明るい気持ちになれそうですし、それぞれの石にそれぞれの秘めた力があり身に着けていると元気がもらえそうだなと思ったからです。
そこで、どうせならがんの再発予防に効果を発揮してくれそうなものをアクセサリーにしてプレゼントしようと決めました。
インターンネットで情報を収集し、いくつかの石を組み合わせてオリジナルのパワーストーンを作ろうと思い、いろいろ調べてみました。
そして、自宅の近くの大きなショッピングセンターの中にあるパワーストーンの専門店へ行き材料を購入して自分でブレスレットを作り、義母に元気になれるお守りだと言って渡しました。
使ったパワーストーンは、全部で4種類です。
悪いものを浄化してくれる強い作用のある水晶。
ヒーリング効果が高く心を癒してくれるアメジスト。
長期療養者に対するヒーリング効果の高い煙水晶。
血の循環を良くして血液をきれいにすると言われ、前向きに生きる気持ちを高めるるガーネット。
これらのパワーストーンを使いました。
不器用な私でも、穴に紐を通すだけでよいブレスレットならばなんとか作れました。
石の配置や組み合わせは、いろいろ悩みましたが、義母には紫色が良く似合うので、アメジストを中心に組み合わせを考えて作りました。
もちろん、これを身に着けたからと言って病気にならないというものではありません。
しかし、お守りとして持っていると、安心してもらえそうですし、石の持つヒーリング効果やパワーが伝わって元気になれそうな気がします。
私自身、友人に教えてもらってパワーストーンにはまりましたが、その日の気分によって身に着ける石を変えるだけでなんとなく気持ちが前向きになれるのです。
義母に病気予防のお守りだと言って渡すと、とても喜んでくれました。
夫はからは、有名な神社で買ってきたお守りをプレゼントし、どちらも義母はすぐに身に着けてくれました。
義母がガンを患ってから5年が経ちましたが、再発もなく無事に回復することができました。
これで、再発する可能性はぐっと減ったので、かぞくでお祝いをしましたが、義母が私のプレゼントしたブレスレットをつけていてくれて、治療で辛いことがあった時に石を見て心を落ち着けて安らげたとおっしゃってくれました。

MENU