PIC_POWER_STONE

女性はパワーストーンをとても大切に思っている

仕事や恋愛や学業など忙しくてもやはり色々と気になることというのはたくさんあります。
その中で特に女性が気になるのが恋愛なのではないでしょうか。
恋愛をしているときにも、恋をしたいと思ったときにもそれをいつも心に置いておくことができるのが女性だときいたことがあります。
パワーストーンをしている人にもそんな風な思いで身につけている人もいるのではないでしょうか。
パワーストーンとは天然石を数珠のように輪にして身につけておくもののことですが、その石の色や違いで願いや意味が違ってくるので、特にお願いしたいものを表したものを身につけていることが多いです。
特に水晶などを身につけておくと魔除けにもなるし、心も綺麗になるといわれていつも身につけていました。
とても綺麗な石で、お気に入りのものでした。
利き腕だと汚したり壊したりするのではないかと思い、反対の腕につけていたのですが、ふとしたときに視線がいき、自分がどうなりたいかを思い出せるのでとてもいいと思いました。
女性が特に身につけているもので多いのがピンクやオレンジ、また透き通っている、とても綺麗なものです。
やはり先ほども書きましたが恋愛に関係するものが多かったです。
身につけているだけでとても精神的に落ち着けるような気がしていつも必ず身につけていることが多かったのは、パワーストーンがあるから大丈夫、という思いもあったからです。
それを身につけていることで、自分を律することも出来る、ということもありました。
とても大切なものとして考えていました。
お守りになっていました。 パワーストーンを身につけていると、どこか安心感もあったというのもあります。
また、女性はキラキラと輝くその姿を、身につけられることにも喜びがあるのではないかとも感じました。
金運や恋愛運、また子宝にいいとされているものまで様々なものを身につけている方が多かったのですが、一番気になるものを身につけていることで自身もその目標や思いを忘れなかったということがとても大きかったです。
目標のための目印にもなっていました。
意味もそれぞれであり、また組み合わせで印象も違ったものにできるというのもとても嬉しかったものです。
女性が身につけているパワーストーンを見れば、その女性が今一番願っているものもわかるのではないかと思えるほどです。
昔からあったパワーストーンと同じような意味合いのものもあるときいたことがあります。
大切にすることで、その石も身につけている人を守ってくれている、と感じていました。
綺麗だけれど、とてもすごい力を持っている、大切なものだと思いました。
自分で手作りすることも可能なので、自分の願い事を思いながら自分との相性の良さそうな石を選んで作っていました。
いくつも身につけるのではなく、自分と相性のいいものだけを選ぶのです。
手作りが好きな女性も多いので、これはとてもいい思い出になっています。
パワーストーンはそれだけで、自分を強くしてくれているような気もしていたのを覚えています。
大切にして、メンテナンスもしておくこともかかしませんでした。
身につけるものは自分に足りない何かを補ってくれる、大切なお守りになるのです。

MENU